王子・皇子系ロリィタまたは少年装とは。美しいものが好きな女性のためのドレス以外の選択肢

王子・皇子系ロリィタまたは少年装とは。美しいものが好きな女性のためのドレス以外の選択肢

美しいものが好きな女性だけれども、自分がドレスを着るのは、抵抗感がある。そんな方にぴったりのお洋服がありますそれが王子・皇子系ロリィタまたは少年装と言われるファッションスタイルです

皇子系 美しいものが好きな人と被らない個性的なファッション好きな方 ロリータ 少年装 少年装は、ロリータの要素を取り入れながら、より男性的な要素を加えたスタイルで、少年のような幼さの中にも女性らしさがデザインされたファッションスタイル 10代、20代女性

中世貴族の皇子系クラシカルブラウス ボウタイ付き

 

ロリータファッションのようなお姫様のような甘ロリや姫ロリに対して、自分はパニエの入ったドレスを着るのは、ちょっと恥ずかしい、または美しいものは好きだけれども、女性らしいシルエットが好きではない。

 皇子系ロリータ 外套 個性的なレディスファッション

皇子系 魔女の外套 少年装黒

そんな方にぴったりなのが、王子・皇子系ロリィタまたは少年装と呼ばれるファッションです。

中世、ヨーロッパの貴族のファッションをベースにした、フリルのついたブラウスに、タキシードやスーツなどのフォーマルな衣服をアレンジしたジャケットやベストを着用する。まるで映画に出てくる西洋の王子様、伯爵、公爵、または王族の男性のようなアイテムを、現代風に着こなすのが皇子系ロリィタファッションです。

皇子系ロリータ 黒のリボン付き ブラウスとショートパンツ

皇子系 リボン付きストレートハーフパンツ 黒

 

王子型ロリータの代表的なスタイルは、胸元にはレース満載のタックや装飾が入ったブラウス細身のロング丈のジャケットやベスト、テンブーツを合わせ、頭ものは服部、アクセサリーは、チェーンやお花のコサージュなどを合わせることが多いです。

色目をパステルカラーではなく、青谷、紫、青、色気、黒色毛糸で、アクセントカラーはボールドを合わせることが多いです

中世、ヨーロッパの世界では、女性は常にスカートを着用しており、パンツスタイルを着用する事はほとんどありませんでした。女性がパンツスタイルを履くようになったのは、19世紀頃からとされています。当時、女性はスカートやドレスを着用することが一般的でしたが、パンツスタイルは男性の服装と考えられていました。
ブラック系皇子の憂い 少年装セット

ブラック系皇子の憂い 少年装セット


 

ですから、物語に出てくる皇子系のファッションは、男性が着用していることが多いのですが、美しさと実用的を併せ持つ魅力的なファッションです。

 

現在では、皇子系ファッションの中にも、ヨーロッパテイスト以外のアジアなイメージの皇子系サブカルチャイナであったり、様々なイメージのお洋服が増えてきています。

皇子系 美しいものが好きな人と被らない個性的なファッション好きな方 ロリータ 少年装 少年装は、ロリータの要素を取り入れながら、より男性的な要素を加えたスタイルで、少年のような幼さの中にも女性らしさがデザインされたファッションスタイル 10代、20代女性

漆黒のチャイナファンタジー仙師風 漢字刺繍ハイウエストスカート

王子と言うよりも、少年のようなお洋服もあります。

 

学園に通っている男の子のような、ハーフパンツや半端丈パンツに、ソックスを合わせるもの。

 

を付けるロリータ服として売られているものは、男性用のものではなく、女性のサイズのものが多いです。

男性が着たい服を選ぶ時は気をつけると良いでしょう

皇子系ロリータ 少年装

ブログに戻る

天使界隈

「天使界隈」(てんしかいわい)「水色界隈」(みずいろかいわい)は、中性的なファッションを好む10代〜20代の男女に人気のサブカル系ファッション。 空の上のような水色や雲のような白色のコーデを中心に、淡い色のジャージ素材のパーカーをアイコンアイテムとし“儚い雰囲気”を表現しているのが特徴です